こんなに変わるの!?ホームページのデザインとその効果

文字の読みやすさを考える重要性

世の中には色覚異常に悩まされている人が多いので、特定の色合いの文字が読めない人が多い点に注意しながら、ホームページのデザインを考える必要があります。
緑色や青色などが認識できない人が、ホームページを見た際に文字が読めないために、ろくに情報を見つける事ができなかったという例も珍しくありません。
文字の小ささが問題になってしまう事も多く、視力が低い人に合わせて文字の大きさを決めておく事も重要です。
色覚異常の人でも文字が見分けやすい色使いをしており、文字の大きさも丁度良いと思われる設定にするだけで、売り上げがアップした通販ショップも多いです。
ホームページを見ている人の気持ちになって、デザインを考えているという事は多くの人たちに伝わります。

知りたい情報が見つけやすいデザイン

おしゃれな商品を数多く販売しているショップが、ホームページを作り上げる時には、その商品の写真がウェブデザインを作る優秀な素材となってくれます。
家具を販売しているショップであれば、素敵な椅子や机などの画像をホームページに配置するだけで、デザインが一気に素敵なものに変わります。
商品の写真を背景のように使う時には、あえて色調を変化させて商品が目立たないようにする事もおすすめです。
よく見ると背景に素敵な家具の写真が並んでいると伝わるだけでも、おしゃれなホームページのデザインだと思ってもらえます。
おもちゃを販売しているショップであれば、おもちゃの画像を並べる事で、見ているだけでワクワクするようなホームページを作り上げる事が可能です。