オシャレにきめよう!画像にこだわるホームページ

内容に合った画像こそが見る人の印象を良くする

ホームページを制作している過程で誰もが一度は憧れるであろう”オシャレなホームページ”。実際におしゃれだと思ってもらうためにはあらゆる工夫が必要になってきますが、まずはページを開いた瞬間に一番に目に入ってくる「ヘッダー部分の画像」が肝心になってきます。ヘッダーはホームページの中で”顔”のような役割を果たしていますので、この部分のインパクトが与える印象はとても大きいのです。

化粧と置き換えて考えてみてください。オシャレに思ってもらうためには必ずしも派手である必要はありませんよね。大事なのは派手さなどではなく、”似合っているか”ということです。どれだけ良い性格をしていて整った顔立ちをしていても化粧が滅茶苦茶であれば当然見た人の印象は良いものにはなりません。ホームページ世界でも、大事なのは内容とヘッダーがマッチしているかで、画像にこだわるならばまずは内容との統一性を第一に考えなくてはならないのです。

画像にこだわるにあたって知っておくべきこと

ホームページに画像を用いる際に一番気をつけなくてはいけないのが、「著作権」ですね。著作権法は親告罪ですので、その画像の所有者が無断利用を訴えない限りは犯罪として成立しないのですが、それでも他人に所有権のある画像などを勝手に利用するのは犯罪だということは十分に理解しておかねばいけません。インターネット上には著作権フリーの画像素材を無料で提供しているサイトがありますのでその中から選んでも良いのですが、それでは当然ほかの方と画像がかぶってしまう可能性もあるんです。ですので、こだわりを見せたいのならばやはり「オリジナル」に挑戦してみるのが良いでしょう。そんなに難しいことではありませんし、世界にひとつだけの素材となりますのでこだわり感は存分に発揮することができるようになります。